toggle
鹿児島市星ケ峯「陽(はる)歯科クリニック」は、予防で新たなむし歯をつくらない歯科医院です
2019-04-27

それでもまだ銀歯にしますか?

金属の詰め物が外れたり、或いは外れないまでも何か違和感だったり匂いがしたりするようなときは詰め物の下でむし歯が進行している恐れがあります。

このようなとき、再び金属による修復を繰り返しても数年後にはまた同じような結果が待っているかもしれません。

右下図は一番奥の金属の詰め物を外したときの状態です。セラミックなら天然の歯の表面であるエナメル質にほぼ近い硬さがあり、金属と違って伸び縮みもしませんので隙間ができにくく、むし歯にもなりにくいという利点があります。「奥歯は見えないから銀で」というのは短絡的です。力が加わりやすく、機能的にも長くもたせたいのであれば、是非セラミックの方をお勧めします。

シェア:Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
関連記事
UP